2011年7月JLPT N1真题(11)_托福机经_雅思机经_机经_真题-取经课

2011年7月JLPT N1真题(11)

作者:网络 来源:网络 时间:2016-02-22 13:55

  問題11 次のAとBは、子どもがテレビを見ることについての専門家の意見である。後の問いに対する答えとして最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。

  A

  乳幼児期の子どもは、身近な人とのかかわりあい、そして遊びなどの実体験を重ねることによって、人間関係を築き、心と身体を成長させます。ところが乳児期からのメディア(注1)漬けの生活では、外遊びの機会を奪い、人とのかかわり体験の不足を招きます。実際、運動不足、睡眠不足そしてコミュニケーション能力の低下などを生じさせ、その結果、心身の発達の遅れや(ゆが)みが生じた事例が(りん)(しょう)の場(注2)から報告されています。このようなメディアの弊害は、ごく一部の影響を受けやすい個々の子どもの問題としてではなく、メディアが子ども全体に及ぼす影響の甚大さの警鐘と私たちはとらえています。特に象徴機能(注3)が未熟な2歳以下の子どもや、発達に問題のある子どものテレビ画面への早期接触や長時間化は、親子が顔をあわせ一緒に遊ぶ時間を奪い、言葉や心の発達を妨げます。

  B

  専門家からは「テレビをやめて積極的に外遊びをしましょう」「自然の中で遊びましょう」という意見が聞かれますが、お母さんたちは進んでテレビを見せているのではなく、地域に出ても同世代の子どもがいない、昔と比べて自然がなくなった、という問題もあるのだと思います。(中略)

  多くの親は、テレビの長時間視聴がよくないことを自覚しており、見せる内容にも気を遣っています。生活の中からテレビを排除するだけではなく、一日に六時間も七時間も子どもにテレビを見せる親の背景に何があるのかを考えなければ、問題の根本的な解決にはならないのです。

  したがって、私たちの生活スタイルと、子どもにとって望ましいテレビ視聴のあり方のバランスをとりながら、これらの検証を進める必要があるのではないでしょうか。

  小西行郎「早期教育と脳」による)

  (注1)メディア:ここでは、テレビやビデオ

  (注2)(りん)(しょう)の場:実際の診察、治療の現場

  (注3)象徴機能:ここでは、身の回りのものを、例えば言葉などで表す働き

  63 子どもにテレビを長時間見せることについて、AとBの観点はどのようなものか。

  1 Aは問題解決を意識した今後の課題を述べ、Bは批判的に現状を報告している。

  2 Aは解決を意識した問題提起をし、Bは問題の原因は社会的背景にあると指摘している。

  3 Aは影響の大きさを示して注意を喚起し、Bは問題解決を意識した今後の課題を述べている。

  4 Aは問題の原因は社会的背景にあると指摘し、Bは影響の大きさを示して注意を喚起している。

  64 子どもとテレビの関係について、AとBはどのように述べているか。

  1 Aはメディアとの接触より親子のかかわりが大切だと述べ、Bはテレビを見せるよりも外での遊びを重視したほうがいいと述べている。

  2 Aはメディアとの接触が子どもの発育を妨げる要因だと述べ、Bは子育てを取り巻く状況がテレビの見せ過ぎを引き起こす場合があると述べている。

  3 Aはメディアとの接触が長いことよりも実体験の不足のほうが問題だと述べ、Bは生活の中からテレビを排除しただけでは問題は解決しないと述べている。

  4 Aはメディアに長時間接することが子どもの成長に影響を与える場合が多いと述べ、Bは親が子どもに適切にテレビを見せることが大切だと述べている。