2011年7月JLPT N1真题(12)_托福机经_雅思机经_机经_真题-取经课

2011年7月JLPT N1真题(12)

作者:网络 来源:网络 时间:2016-04-11 11:41

  問題12 次の文章を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。

  最近、思想を表現する方法について考えることが多くなった。たとえば、文章は思想を表現する方法のひとつだけれど、その文章にもいろいろな表現形式がある。哲学の勉強をはじめた(ころ)の私は、さまざまな形式のなかで論文という形式だけが、思想表現の方法にふさわしいと思っていた。

  しかし、後に、この考え方を訂正しなければならなくなった。思想の表現として、論文が唯一の方法だということは絶対にない。私たちは、すぐれたエッセーや小説、詩をとおして、しばしば思想を学びとる。とすれば、思想を表現する文章のかたちは、自在であってよいはずである。

  ところが、そう考えてもまだ問題はある。というのは、思想の表現形式は、文章というかたちをとるとは限らないのだから。絵でも彫刻でも、音楽でも、つまり実にさまざまなものを用いて、思想を表現するのは可能なはずである。そのなかには、かたちにならないものもある。

  たとえば私の村に暮らす人々のなかに、自然に対する深い思想をもっていない人など一人もいない。村の面積の96パーセントを森や川がしめるこの村で、自然に対する思想をもたなかったら、人は暮らしていけない。ところが村人は、<自然について>などという論文を書くことも、文章を書くこともないのである。そればかりか、自分の自然哲学を、絵や音楽で表現しようとも考えない。

  そんなふうにみていくと、村人は自然に対してだけではなく、農についての深い思想や、村とは何かという思想をももっているのに、それらを何らかのかたちで表現することも、またないのである。

  とすると、村人たちは、どんな方法で自分たちの思想を表現しているのであろうか。私は、それは、<作法>をとおしてではないかという気がする。

  (中略)

  考えてみれば、もともとは、作法は、思想と結びつきながら伝承されてきたものであった。たとえば昔は、食事の作法を厳しくしつけられた。食べ物を残すことはもちろんのこと、さわぎながら食事をすることも、けっしてしてはいけなかった。それは、食事は生命をいただくものだ、という厳かな思想があったからである。(ちゃ)(わん)の中の米だけをみても、人間はおそらく何万という生命をいただかなければならない。だから、そういう人間のあり方を考えながら、いま自分の身体のなかへと移ってくれる生命に感謝する。この思想が食事の作法をつくりだした。

 ところが、近代から現代の思想は、このような、日々の暮らしとともにあった思想を無視したのである。その結果、思想は、文章という表現形式をもち、文章を書く思想家のものになった。そして、いつの間にか人間の上に君臨し、現実を支配する手段になっていった。

  (内山節『「里」という思想』による)

  65 かたちにならないものとして筆者が挙げているのはどれか。

  1 自然               2 生命                 3 感謝                 4 作法

  66 この文章中で筆者は、自分の村に暮らす人々がどんな思想をもっていると述べているか。

  1 自然の中で生きるための思想や、農業や村のあり方についての思想

  2 自然を壊さずに暮らすために、農業や村人はどうあるべきかという思想

  3 自然に対する感謝を表すために、村人としてどうするべきかという思想

  4 自然を取り戻すための思想や、自然を利用する農業のあり方についての思想

  67 食事の作法は、次のどのような考え方と結びついているか。

  1 多くの労力がささげられて作られた食べ物が、いかに尊いものであるかという考え方

  2 何かを食べないでは生きてはいけない人間のあり方が、いかに罪深いものであるかという考え方

  3 食事は農が生み出したものをいただくものであり、農業を営む村人への感謝が必要だという考え方

  4 食事は他の生命を自分の身体に取り入れるものであり、それらの生命に感謝しなければいけないという考え方

  68 この文章中で筆者が述べていることはどれか。

  1 思想の表現は必ずしも文章や作品というかたちをとるとは限らず、かたちにならないものもある。

  2 思想は絵や音楽のようなかたちに表わされるものと考えられてきたが、深い思想とはかたちにならないものである。

  3 思想の表現には絵や音楽などもあるし、かたちにならないものもあるが、文章で表現されたものが最上のものである。

  4 思想は文章や作品のようなかたちになったものが尊重されるが、生活と結びついた深い思想はかたちにならないものである。

  参考答案:

  65、4;66、1;67、4;68、1